スポンサーサイト

2018.01.26 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ばにらものがたり 登場人物設定集

    2016.11.18 Friday

    0

      七里ヶ浜創威(しちりがはま そうい)

      ・『ルナティック影法師』『獅子脅しカメレオン』等、『七里ヶ浜シリーズ』の主人公。

      ・男。髪を伸ばしており、首の後ろで1本に結んでいる。右目を隠しているが、特に不思議な力があるというわけではない。

      ・一人称は俺。

      ・身長176センチメートル。

      ・『ルナティック影法師』以降、響の計らいで千香と同棲を開始する。

      ・女性に対してのこだわりの弱さゆえに、中学高校時代はやたらと女子から恋愛絡みの相談を受けることが多かった。

      ・女性が羨むほどの美肌と美しい髪を持っている。

      ・酒に弱い。少量で爆睡する。

      ・冷たい性格のように思われがちだが、実際は人間への興味関心がないだけ。

      ・戦闘能力が高いが、別に鍛えているわけではない。

      ・自身の信ずる正しさにこだわる。

      ・正体は○○○○○の○。

       

      響秋晴(ひびき しゅうせい)

      ・『ルナティック影法師』『獅子脅しカメレオン』等、『七里ヶ浜シリーズ』の主要人物。

      ・『秋の空に、響く』の主人公。

      ・一人称は僕。

      ・身長173センチメートル。

      ・自称「殺し屋」。

      ・響秋晴は本名。

      ・死神である西出澄臥と深い関係にある。

      ・○○○○○○にしか○○できない運命を背負っている。

      ・大学生である創威と同い年であるが、現在大学には通っていない。

      ・というのも、既に海外の大学を卒業しているからである。

      ・仕事上命を狙われることも多々あるが、全員返り討ちにしている。

      ・仕事場には自身の通り名を書き残す。殺害対象の血液によってダイイングメッセージを装うのがメインだが、液体であれば何でもいい。

      ・西出曰く、「史上最強の○○○○○○」。

      ・性格は気さくで人懐っこい。

      ・ピッキングスキル等、仕事に必要な技術はかなり熟練されている。

      ・仕事柄大金を稼ぐが使い道がない。

      ・「人ならざる者」を始末するという巨大な依頼を何者からか受けている。

       

      平栗千香(ひらぐり ちか)

      ・『ルナティック影法師』『獅子脅しカメレオン』等、『七里ヶ浜シリーズ』の主要人物。

      ・一人称は私。

      ・身長162センチメートル。

      ・酒には強い。

      ・創威との同棲生活が始まってからは、家事分担ジャンケンにおいて脅威の敗北率を誇る。

      ・なおジャンケンに負けても家事はなかなかやらない模様。

      ・金遣いは荒くないが、菓子類を大量に買いこむ癖がある。菓子のゴミが創威の生活圏内に侵食してきたことをきっかけに、家事分担ジャンケン制度が設けられる。

      ・創威とは性格が正反対であるが、絶妙なバランスで共存している。

      ・恋愛には疎く、自身の創威への想いについてもよくわかっていない。

      ・しかし創威から何も思われていないことを少々気にしているようである。

      ・髪を伸ばしたいが、創威の髪に対してコンプレックスを感じ始め、なかなか伸ばす気になれない。

       

      マナティエル

      ・眼差しの精霊。

      ・自己紹介のたびに「マナティーと呼んでくれ」と主張するが、これは○○○○からつけられた愛称である。

      ・パーカーを着ていることがほとんどだが、これも○○○○からもらったものである。

      ・一人称は俺。

      ・自称キューピッド。

      ・恋する視線が実体化したものであり、視線の主には見えない。マナティエル曰く「自分の視線は自分には見えない」から。

      ・そのため、彼が姿を見せた相手というのは、視線の主が想っている相手である。

      ・精霊としてある程度の不思議パワーを備えており、物理法則を捻じ曲げることができるが、生命に関わる力の使い方は下手くそ。ゆえに戦闘向きではない。

      ・ただし、恋愛を成就させるという役割の都合上、時を止めたり時を巻き戻すことが得意。時間操作能力に関しては最強の死神である西出をも凌駕する。

      ・二代目死神(ガイコツ)の遠い親戚である。パーカーを得るまでは、死神のような服装を好んでいた。

      ばにらものがたり 登場人物設定集

      2015.07.09 Thursday

      0

        折尾孔雀 (おりお くじゃく)

        ・大学2年生

        ・男

        19

        ・アクセントは最初の「く」の方。後ろじゃないよ

        ・ヘタレ

        ・体はほどほどでかい

        ・口癖は「わからないな」

        ・ごりごりの理系

        ・頭はいい

        ・被害妄想の癖がある

        ・鏡が嫌い

        ・小湊魅奈は幼馴染

         

        沢谷爽 (さわや そう)

        ・研修医

        ・男

        26

        ・メガネ

        ・長身痩躯

        ・ミステリアス

        ・トーク運びが達者

        ・それでもわからないこともある

        ・作中最高レベルで賢い

        ・口癖は「よくみてごらんよ」

         

        湯河原結臥 (ゆがわら ゆうが)

        ・大学2年生

        ・男

        19

        ・口が悪い

        ・髪が長い

        ・ごりごりの文系

        ・頭が固い

        ・高めの女の子と同じくらいの身長

        ・一匹狼

        ・孔雀のことで相談されるため最近小湊魅奈とのコンタクトが多い

        ・恋愛には特に興味がなさそう
        なお4月公演で私が演じたのは彼である

         

         

        内藤遥都 (ないとう はると)

        ・大学2年生

        ・男

        20

        ・名前の由来は『ロマンシングサガ ミンストレルソング』のナイトハルト

        ・作中最高レベルで賢い

        ・金髪

        ・美青年

        ・ナンパ師

        ・厳密にはナンパというより、知らない人と積極的に仲良くしようとしてる

        ・成功率100

        ・顔の力もあるがその成功率の何よりの根拠はそのトーク力

        ・相手が求めているものを瞬時に見抜く力がその裏付け

        ・結構期待させてしまうがナンパなのは口だけで、実際はそういう関係を求めない

        ・各方面から嫌われそうな性質の割に、彼を嫌うものは誰もいない

        ・なお、4月の公演においてはぶっちぎりで一番人気だった

         

        公平純之介 (きみひら じゅんのすけ)

        ・大学2年生

        ・男

        20

        ・メガネ

        ・薬学部とかそんな

        ・体格が良い

        ・背も高い

        ・人気者体質であるが恋愛対象として見られない

        ・そのため悪女に付け込まれて貢がされ財布が死ぬ

        ・つまり女選びのセンスがない(本能的に悪女を好んでしまう傾向あり)

        ・責任感の強いしっかりもの

        ・気が利くけどちょっとうざい

        ・いや、かなりうざい

        ・「きみひら」であって「こうへい」ではない

        ・4月の公演準備期間においてやたら「こうへい」と読まれる事件が多発した

         

        名護与一 (なご よいち)

        ・大学2年生

        ・男

        20

        ・髪がぼさぼさ(よくいえば無造作)

        ・女の子大好き人間

        ・人気者体質であるが上の理由から女子ウケは悪い

        ・それとのバランスをとるかのように男子ウケがよい

        ・そのため男性から恋愛対象として認識されることもある(本人は望んでいない)

        ・遥都のナンパ成功率を尊敬している

        ・作中最大級のアホであるが計算されたアホの場合もある

        ・だから実はいうほど頭は悪くない

        ・作中最高級にうざい

        ばにらものがたり 登場人物設定集

        2015.06.23 Tuesday

        0
          『カモメ』
          ・『メモカモメ』の主人公のひとり。
          ・カモメだが人間。人間だがカモメ。西出によって人になるが、次第に自由に変身できるようになる。一応オス。
          ・一人称は私。
          ・○○○○のかけら。
          ・人間が大好き。
          ・身長169センチメートル。
          ・人間の死体を喰らう仲間たちにはいい印象を持っていない。
          ・人の姿をする時の髪の色は青。瞳は黄色。ゆるっとしたパーマで肩につくぐらいの長さ。
          ・カモメの頃から日本語を巧みに操っていた。人の姿でもカモメ言語を使える。
          ・西出とは親友関係。
          ・西出の趣味で白いポンチョのようなものを常に着ている。
          ・○○○○の力の一部を持っているため、その瞳に捉えたものの正体と感情を見抜くことができる。
          ・人になる前は、西出から人間の面白い話を聞くことが楽しみだった。
          ・前世は○○○○。その頃にも西出と面識はあったが、お互いに覚えていない。
           
          西出澄臥 (にしで すみが)
          ・『メモカモメ』の主人公のひとり。
          ・死神3代目(自称)
          ・一人称は俺。
          ・身長187センチメートル。
          ・先代の残した『死の地雷』自然消滅の現場にできるだけ居合わせようと各地を放浪中。その途中で『カモメ』に出会う。
          ・先代の残した『死の地雷』のせいで死神らしい仕事はしていない(自称)
          ・『メモカモメ』ラストで○○○○を○○する。
          ・『メモカモメ』後にはバスの運転手として世界に溶け込む。必要に応じて神の世界と現世を繋ぐバスも運転している。
          ・基本的に全知全能。カモメを人間にするぐらい朝飯前。
          ・物理法則を無視する存在であるため、高い所から飛び降りてもびくともしない。着地の音さえしないので、怪しがられないよう自分で地面に足がつく音をつくりだして
           いる。

          ・一目見ただけで『カモメ』が○○○○のかけらであることを見抜く。しかしその洞察力は『カモメ』や○○○○に比べればかなり
           劣っている
          (自称)
          ・年中黒いロングコートを着用している。
          ・『カモメ』とは親友。そして彼の前世とも縁があった。
          ・『カモメ』の前世と知り合った頃はまだ死神の弟子でしかなかった。
          ・黒髪に黒い瞳。髪は『カモメ』よりやや短いくらいだが常識的には長い方。
          ・先代のガイコツ姿を激しく嫌っているため、人の姿に。
           
          石生夏香 (いそう なつか)
          ・『美女栽培』主人公。
          ・華の女子大生()
          ・一人称は私。
          ・人生で一度も嘘をついたことがない。つかなきゃいけない場面ではタイミングよく他の人が嘘をついてくれたりした関係で、19年間の生涯で純潔を貫けている。
          ・名前の由来は「嘘つかない」のアナグラム。
          ・○○○○のパラレル的存在。彼がいる世界では彼女はおらず、彼女がいる世界に彼は存在しない。
          ・彼女から生成されるエキスには「嘘を見抜く力」が備わっている。
          ・ショートカット。茶髪。毛の量は多い。髪が肩につくとすぐに切り落とす。
          ・身長157センチメートル。
          ・男に恋をした経験がないわけではないが最近はめっきり女の子大好き人間になっている。
          ・妄想が趣味であり特技でもある。
          ・成績はいいが頭は痛い子。夢の中では天使をよく見る。
          ・マゾヒズムの嗜好がある。自覚症状あり。
          ・嘘をついたことがないといってもちゃんと気は遣える。
          ・自己を犠牲にしようとする傾向が強い。
           
          有林なお (ありばやし なお)
          ・『美女栽培』主要登場人物。
          ・華の女子大生。実は夏香と同じ大学。
          ・一人称は私。
          ・一応19歳。
          ・美女栽培代表取締役。以前はもっぱら「○を○○○力」のエキスの提供者であったが、前代表からその地位を継ぐと共に提供者を
           引退。

          ・身長152センチメートル。
          ・金にも銀にも光る髪を持っている。ゆるりとした軽い髪を肩甲骨まで伸ばしている。
          ・○○○○のパラレル的存在。彼がいる世界では彼女はおらず、彼女がいる世界に彼は存在しない。
          ・名前の由来は「女売り」→「おんなうり」→「うりんなお」→「有林なお」。
          ・普段はいかにもな「女子大生」であるが、美女栽培が絡むと(特に夏香に対しては)バイオレンスな一面を見せる。
           
          伊勢海美雨 (いせのうみ みさめ)
          ・『Saint sent Sentou』主要人物。
          ・大学生。性別は一応男。
          19歳。
          ・一人称は僕。
          ・○○○○のかけら。
          ・元○○○○。『カモメ』・西出と出逢ったことをきっかけに人間に転生。死んではいない。
          ・ホモ疑惑がかかっているがノンケ。
          ・そもそも恋愛というものを理解する心がない。
          ・身長174センチメートル。

          ・常に鼻唄を歌っている。○○○○だった頃の力が残っているのか、その鼻唄には強烈な催眠効果がある。彼に対する敵意が大きい
           相手ほどその効果は強くなる。

          ・風呂が好き。というか水中が好き。
          ・今でも『カモメ』や西出とは付き合いがあり、講義に遅れそうなときは自分の都合で西出のバスを走らせる。
           
          1